オンライン英会話「レアジョブ」で英語のスピーキングは上達する?


今世間では、「オンライン英会話」が流行っている。

一昔前では、駅前の英会話教室などに通わないと
ネイティブと英会話の練習をする機会はなかった。

しかしインターネットの発達のおかげで、
わざわざ英会話教室に通わなくてもオンラインのビデオ通話を利用して
英語のスピーキングの練習ができるようになったのだ。

私もこのオンライン英会話の「レアジョブ」というサービスに入会したので、
これからオンライン英会話を使ってみたいという人に、私の体験を語ってみたい。



・「オンライン英会話」は「英会話教室」とどう違うのか?

たぶんオンライン英会話を利用したことのない人は、
普通の駅前の繁華街などにある英会話教室とどう違うのかが気になるだろう。


まず違う点は、対面ではない点である。

英会話教室では相手が目の前にいるのに対し、
オンライン英会話ではビデオの画面がパソコンやスマホに映し出される。


そして次に違うのが、英語を話す先生の国籍・人種である。

駅前の英会話教室などでは、白人の先生の割合が多い。
理由は、白人のネイティブと英語が話したいというニーズがあるかだろう。

もちろん例外はあるし、先生が黒人の場合もある。
けれども、白人の先生が人気であることは間違いないだろう。

これに対し、オンライン英会話の先生はフィリピンやマレーシアなど
東南アジアの国の人の割合が多い。

なぜ東南アジア出身の先生が多いかというと、
理由は簡単で人件費が安いからである。

東南アジア出身の先生の英語は、白人の話す英語と若干違う場合がある。

もちろん、
アメリカなどに留学していた経験のあるフィリピン人の先生なら
完全にアメリカ英語であるが、そうでないフィリピン人の先生は
少しフィリピン訛りの入った英語である場合がある。


そして最後に。

一番大きな違いは料金であろう。

英会話教室は1時間当たりグループレッスンでも数千円するのに対し、
オンライン英会話は1時間当たりマンツーマンでも数百円である。

この料金の違いは非常に大きく、
この点が、オンライン英会話の流行に一躍買っていることは間違いないのである。



・私がレアジョブに入会した理由とは?

私もオンライン英会話の利便性に注目し、さっそくサービスを利用してみた。
私が入会したのはレアジョブで、レアジョブを利用した理由は、当時一番有名だったからである。

先生はほぼ全員フィリピン人であった。

で、先生を指名することができたので、
先生の自己紹介のビデオを見て、発音がキレイな20代の男性に決めた。



・レアジョブに入って良かった点とちょい微妙だった点

オンライン英会話に入ると、まず何を話すかを決める必要がある。

あらかじめ指定した教材に沿って勉強する方法もあれば、フリートークのように
好きなことを話す方法もある。

私が選んだのはフリートークだった。
好きなテーマで話せば、こちらのテンションも上がる。

しかし、問題なのは先生だった。
毎回毎回先生が話す時間が長すぎて、こちらの話す時間が短くなってしまうのであった。。。

この点だけは、残念だった。



・英会話を上達させるコツは使うこと・・・使わない刀はさびる

当時は週2,3回オンライン英会話を話していたこともあって、
英語のスピーキング力はそこそこ維持できたように思う。

けれども、その後オンライン英会話を辞めて、英語で話す機会を失ってからは
スピーキング力がどんどん衰えていった(汗)


やっぱり継続しないと、スピーキングは上達しないのである(T_T)

ある有名な同時通訳家の人が


「1日でも英語に触れない日があると、感覚が鈍る」


とおっしゃっていた。

まったく、つくづくその通りだなと実感した次第である。






関連記事

Tag:スピーチ  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

samurai.speaker

Author:samurai.speaker
TOEIC975点。
堂々と勇ましく英語のスピーチができるようになりたい!
毎日が稽古。修行、鍛練、研鑽。
リーディーングやリスニングは人並みなのに、スピーキングはからっきしダメな自分を改善・進化させていくことを志す。
目標は「ジャパニーズ・サムライ・スピーカー」

Photo:
Contributed by
http://www.flickr.com/photos/
amin_tabrizi/71485060/

フリーエリア
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード