TOEICリスニングにおける4カ国の英語の発音に関する対策

TOEICリスニングも新しくなり、最近では4カ国の人たちの音声を使ったリスニングに切り替わっています。

昔は、アメリカ英語とイギリス英語だけに対応していればよかったのですが、最近はグローバル化も起こり、
多国籍企業も増えたこともあり、4カ国もの英語の発音を聞き分ける必要が出てきたのです。

「アメリカ英語」や「イギリス英語」を聞き取るだけで必死な私たち日本人にとっては、
まさに最悪の状況です(笑)

まずおさらいですが、4カ国の英語というのは

1.アメリカ
2.イギリス
3.カナダ
4.オーストラリア

の4つの国のことです。

4カ国と聞くと、げっそりしそうですが(笑)、じつは「カナダ英語」と「アメリカ英語」は似ているので
特別な対策は必要ありません。

安心していただけだでしょうか?(笑)

アメリカとカナダは接しているわけですから、人口の往来も激しいわけですし、
発音が似ていて当然です。

なので、アメリカ英語の対策さえしていれば、特にカナダ英語の対策をする必要はありません。



問題は・・・

「オーストラリア英語」

です。


オージー(オーストラリア人)の発音は独特で、特に迷うのが

「Today」のことを「トゥダイ」と読むことでしょう。

アメリカ英語に聞き慣れている私たちは、

「え?トゥディじゃないの!?」

と、一瞬とまどうわけです。

で、とまどっている間に、リスニングの音声はどんどん進んでいって、
あっという間に問題を解く時間がやってくるわです(笑)

なので、オーストラリア英語だけは特別な練習が必要なんです。


どういう対策をすればよいかといいますが、まず第一に

「TOEIC公式問題集のリスニングで、オーストラリア人が話しているパートを聞きまくる」

ということです。

最初は頭が混乱してクラクラしますが、次第になれてきます。

で、久しぶりにアメリカ英語とか聞くと、逆に違和感を覚えるようになります(笑)



ここまでは、OKでしょうか?

はい、では早速TOEIC公式問題集をゲットして、
オーストラリア人のパートを集中的に聞いてください
ね。


あなたの英語の点数が上がりますようにっ!!




・・・これは私の勝手な予想ですが、将来インドの人口が増えて、経済圏を握るようになると、

「インド英語やシンガポール英語(シングリッシュ)」

にも対応しなければならない時代が来るかもしれません。

そう考えると、今のうちにTOEICで高い点数を取っておこうという気になりますね(汗)


関連記事

Tag:リスニング  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

samurai.speaker

Author:samurai.speaker
TOEIC975点。
堂々と勇ましく英語のスピーチができるようになりたい!
毎日が稽古。修行、鍛練、研鑽。
リーディーングやリスニングは人並みなのに、スピーキングはからっきしダメな自分を改善・進化させていくことを志す。
目標は「ジャパニーズ・サムライ・スピーカー」

Photo:
Contributed by
http://www.flickr.com/photos/
amin_tabrizi/71485060/

フリーエリア
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード