スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:スポンサー広告 

日常会話で使う特殊な英単語とは?

日常会話で使う特殊な英単語とは?


私は数年間、ゲストハウスで暮らし外国人と普段会話を重ねていたことがあります。

なんでそんな場所に住んでいたかと言いますと、単純に
英会話の練習をするためです。
毎日、話していれば英会話のスキルが上達すると思ったのです。

「都内 ゲストハウス」
「都内 シェアハウス」

で探せばたくさん外人の住んでいる家が見つかると思います。
食堂とか共有スペースなので、家賃も安いですし。

「英語を学ぶために、外人の住んでいる家に住む」

その考えは決して間違っていなかったと思うのですが・・・・


身についたのは、くだけた感じのカジュアルな英会話ばかりでした。


酷い時には、○uckばかり連呼するようになったこともあります。
なんかそういう言葉を使うアメリカ人やドイツ人と一緒に過ごしていると
口調が移ります。
ぶっちゃけて言いますと、ドラマの方が洗練された英単語を使いますね。。。

もちろん、アカデミックなバックグランドを持っている大学院生とか博士課程の学生とかは
結構、難解なワードを使うので、その度に辞書を使って首っ引きで調べていました。

付き合う人によって、英会話の内容も変化するわけです。



私は結構、旅行で日本に遊びに来ている若者をメインに英会話を楽しんでいたので

1.下ネタ
2.男女の関係
3.食べ物



この3つのネタが多かったです。

日本人のバカ丁寧なマナーについて、議論になったこともあります。
それはそれで面白かったです。

海外から来たDJの話なんか刺激的で、欲望渦巻く世界の話を聞いて衝撃を受けましたし。
友達になると、本国に遊びに行く時に面白い場所を案内してくれたりします。

そんなわけで、普段どういう外国人と接するのか?

フランクな感じなのか、学者的な堅い感じなのか?



を考えると、結構身につく英会話のレベルも変わってくると思いました。
関連記事
テーマ : スキルアップ&自己啓発
ジャンル : 学校・教育

Tag:日常会話  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

samurai.speaker

Author:samurai.speaker
TOEIC975点。
堂々と勇ましく英語のスピーチができるようになりたい!
毎日が稽古。修行、鍛練、研鑽。
リーディーングやリスニングは人並みなのに、スピーキングはからっきしダメな自分を改善・進化させていくことを志す。
目標は「ジャパニーズ・サムライ・スピーカー」

Photo:
Contributed by
http://www.flickr.com/photos/
amin_tabrizi/71485060/

最新コメント
フリーエリア
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。